WEBステージコーチング


トップページ>【001】喜多秀和さん | 第1ステージ | 第2ステージ | 第3ステージ |

喜多秀和さん 第1ステージ『水は変化し、金沢で力強い結晶となる』

・・・・第1ステージ・・・・
喜多秀和さんコーポレートコーチングをさせていただいている株式会社いまじんのスタッフである、喜多さんのステージです。会社内初の試みである大きなプロジェクトに伴い、金沢の方の支店に移動(予定)を控えています。
このセッションは、会社が彼に何かを期待している表れだと感じています。
そうして、私もその彼の新しいスタート直前の時を共有できることに、大きな喜びを感じながらのセッションとなっています。
彼はこのセッションを受けるにあたり下打合せの時に、「誰かに手紙を書くなら?」という話から、初めてと言ってもいいお父様宛の手紙を出されました。そのお手紙を拝見させていただいたのですが、そこには喜多さんの今後の仕事への意気込みと、ご両親への気遣いが感じられ、とても心が温かくなりました。
コーチングセッションは9回ですが、ウェブステージは全部で三回に分けて掲載させていただく予定です。その中で彼の変化や気づきがお伝えできればと思います。

では、喜多さんのセッション(ステージ)が始まります。

●・・・● 1回目のセッションの様子

コーチ: 今日は喜多さんの好きなことをいろいろ聞かせてください
  少年の頃どんな遊びが好きでした?
喜多: 虫取りや魚釣り、池でバスフィッシング、よく近所の友達と4〜5人でやっていましたね。
「釣れるんじゃないか」とか、「そこにいるんじゃないか」という期待感にワクワクして!(笑)
小魚とかザリガニとか手づかみで採っていました。
コーチ: その遊び場が好きな場所でもある?好きな音とか好きな感覚とつながってんですか?
喜多: 好きな場所は渓谷とか清流があるところ、せせらぎの音,水が流れている音が好きかな。
波の音とか海辺に吹く風、とにかく自然の中にある音や感触に惹かれる、自然派といえば世界の川を旅するカヌーイストの野田知祐さん、すきですね〜。
コーチ: 喜多さんが水の話しているとき目の輝きが違うね、水の可能性を感じます。
水は温度によって変化しますよね、水蒸気になったり氷になったり。

・・・・・・・・・・<中略>・・・・・・・・・・

コーチ: 身近なところにいいなと思う人はいますか?
喜多: のりじさん(社内の先輩)
コーチ: のりじさんのどんなところがいいなと思いますか?
喜多: 自分の好きなことをやっていて自分はこうだと主張している、わかりやすいってところかな。

・・・・・・・・・・<中略>・・・・・・・・・・

コーチ: 今日話してみて今感じていることはありますか?
喜多: 自分は状況適応型で、今まではそれがとても消極的に感じられたけど、今日のことで「水のようにどんな状況にも対応できる積極的な感じ」がしてきました。
水は何かに当たってはじめて音がする・・・
コーチ: 水そのものは音がしないけど、いろんな人や状況に応じて変化できると考えたらすごい強みですね。
水は温度を上げれば、何かを温めることができるし温度を下げれば冷やすこともできる!
“わかりやすい”、“わかりにくい”という観点から見ると、変化するからわかりにくいのかもしれないですけどね。(笑)

★キーワード 【川】【渓谷】【自然の風合い】【手作り】【】【変化】

【一回目のセッションを終えて】

セッションする前の喜多さんは繊細で控えめな印象を受けました、
冒頭に「自分を月と太陽にたとえるとどちら?」という質問を投げかけると、迷わず「太陽」と答えたことに多少の違和感も感じました。
でも、セッションを終えた今は印象がまったく変わりました。

そもそも月と太陽という選択肢が少なすぎたのですが、喜多さんはギラギラ照りつける太陽ではなく、北風の中コートを脱がすような暖かな太陽や、すがすがしい初夏の太陽はぴったりだなと感じました。

心身ともに安定していて感情の乱れはほとんどないという喜多さん、彼に触れると感じられる安心感・安定感は、彼の考えがまるで水のように「一定の法則」にのっとっているからなのでしょう。変革しながら業界の中で勝ちつづけてきた株式会社いまじんにあって、変化に適応していける能力が高い喜多さんの働きは、多大だったと推測できます。

例えば社内で”目標志向”や”活発性”が強みである、勢いのある人達の発言を聞いていると、彼の中の『調和』を重んじる力は、彼を発言させる方向ではなく、思考させる方向へと導きます。

そして、喜多さんは『調和』という価値観のもとに、みんなが賛同できる実用的で地に足の着いた事柄について話し合うことを
進めていくはずです。彼に任せておけばまずしっかりした船をつくり、安定した運航を進め、船内はハーモニーを奏でるオーケストラのような、調和に満ちた人間関係が作られることでしょう。

●・・・●2回目のセッションの様子

コーチ: 今日は喜多さんが自分のことをどう思っているか探っていきましょうか、自分をいろんなものに例えるとんだけど、今日はまず自分をフルーツにたとえるとなんだ思いますか?
喜多: びわかな〜、味はあっさりしていてメジャーじゃないんだけど、びわが嫌いな人はいないと思う。たまにあるとうれしいくだものかな。
天候にたとえるとすっきりした晴れ湿度は低い、いつも感情が安定しているから。気温は27度
動物にたとえるとビーバー職業にたとえると宮大工、大工でも宮大工に特定したのは独自性が必要だと思うから、表に出ないけど、考えをしっかり持って貫いている。古いやり方建て方を貫く為には、自然とのバランスを取らないとやっていけない仕事。例えば木のそり具合を理解した上で、建物に使っていくという・・
コーチ: 自然とのバランスなんですね。
喜多: 国にたとえるとスイス、独自の文化や考えをもっていて、バランスがいい感じ。アメリカみたいに目立ってはいない。
ブランドだったらスバル。富士重工飛行機の技術を利用し、振動を打ち消し安定を作り出す水平対抗エンジン。左右のバランスがいい、エンジンの重心を下げることができるので非常に安定している。自分は万人受けする感じじゃない、だからトヨタじゃなくスバルなのかな。
コーチ: 振動を打ち消し、安定を作るというところが喜多さんに似ている気がするな。
今日のセッションの中で、何か気付いたこととかありますか?
喜多: 流れているものを、脈々と受け継がれていくものに自分と共通するものを感じる。

★共通するキーワード 【バランス】【独自性】【主張しない存在感】【自然】

【2回目のセッションを終えて】

自分をいろんなものにたとえるのは、セルフレビューと言ってセッションの時にはとても有効です。他の誰とも違う、独自性に満ちた自分を確認することができるからです。
自分自身をどう思っているかは、自分をそのもののように扱って欲しいというメッセージともとれます。
また想像力とユーモアのセンスも試されます。
喜多さんは自分の中には、想像力とユーモアが埋蔵されていることに気付いたのか、このセッションをとても楽しんでくれました。
小さい頃の「悪がき」そうな喜多さんの延長上に、人を笑いに巻き込む力がないわけがありません。
喜多さんが自分をブランドにたとえたときの「スバル、その理由は・・・」の声のトーンは今でも耳に残っています。
その説明を聞いていて、とても気持ちが良かったからです。
多分、喜多さんは意識していないでしょうが、誇り・自信に満ちていました。
ほんとうに自信のある人は主張する必要を感じません。
天候・湿度ともにすっきりした状態で、健康で具合の悪いときがほとんどないという、喜多さんの強みがそのまま現れているたとえですね。


さて、これで第1ステージは終了です。次回の第2ステージをお楽しみに。

第2ステージへ>>

【喜多秀和さんプロフィール】
1998年3月
株式会社いまじん入社
1998年8月
いまじん153店 CD担当
1999年2月
マジカルガーデン堅田店 CD担当
2000年8月
マジカルガーデン堅田店 店長就任
2002年3月
マジカルガーデン岐阜島店 店長就任
2003年9月
マジカルガーデン甚目寺店 店長就任
2005年11月
中部最大級メディアショップ(11月オープン予定)IMAGINE大桑店にディスク担当として勤務予定











トップページ>【001】喜多秀和さん | 第1ステージ | 第2ステージ | 第3ステージ |
このページの先頭へ▲
● このサイトはグリーンコーチが運営しております ●
グリーンコーチ  〒461-0048 愛知県名古屋市東区矢田南3-11-7-602

コーチングレターネット
トップページへ戻る